So-net無料ブログ作成

VAIO Tap 21に保護フィルムを貼る。 [VAIO]

・・・本当申し訳ないです。 
月曜日に書くとか言っといて、土曜日ですよ土曜日。
いやーいろいろ忙しかったんですよね。
でも先週の日曜日は時間がありました。
だからじっくり保護フィルムが貼れましたよ!
 
DSCN5430.jpg 
 
というわけで保護フィルム貼りの模様を写真多めでお伝えします。別に見たくないなんて言わせません。 
そしてトップ画像が横向きというね・・・。しかし直しません。めんどい あえてです(何がだよ)。
 
10月の発売日に買ったうちのVAIOですが、保護フィルムを同時には買っておりませんでした。 
買うと意外と高いんですよね。何しろサイズがサイズですから。 
しかし、タッチパネルなので当然ベタベタ指が日々触るわけですよ。ツバも飛ぶし。
さらにこの機種、ご存知の通りソニー製VAIOとして最終モデルなので、ぼくとしても大切に使っていきたいんですよね。
そういうわけで買いました保護フィルム。
エレコムのアンチグレア(光沢感があまりない、指紋がつきにくいサラサラの感じ)コートがされたものです。というかそれしかない。
本当はソニーストアで買いたかったんですけど、ぐずぐずしてたら「入荷未定」になっちゃいましてね。
しかたなくAmazonで買いました。 
 
DSCN5431.jpg
 
本体と並べたところ。
この写真だとサイズ感わかんないかもしれませんが、お母さんのスマホを重ねてみたのがこれ↓
 
DSCN5432.jpg 
 
※スマホの画面サイズは4.2インチです
これだけ大きい保護フィルムなんて貼ったことないですよ。経験はこのパソコンとこのスマホだけですw
相当な難作業になることは容易に想像できると思います。 
でも、一応「気泡が抜けやすい!」とは書いてありました。なんでも、24時間経つと目立たなくなるそうです。 
  
DSCN5433.jpg
 
中身です。
青いやつが保護フィルム本体。
角が四角いのがマイクロファイバーのクロスです。
そして角が丸いのが気泡追い出し用のヘラ。
あと写すの忘れましたが、ホコリ取り用のシールも入ってました。
でも正直なところ、マイクロファイバークロスは尋常じゃなくちっちゃくて使い物にならないし、シールには「ホコリ取り用」と書いてあるものの、実際にはホコリがさらにつきます。 
だから頼りにしない方がいいです。
クロスはメガネ拭きで代用しました。ソニーポイントで交換したロゴ入りのやつがどっか行っちゃったんです(´・ω・`)
シールはわざわざ使わなくても、セロテープでも結構いけます。
 
DSCN5436.jpg 
 
まずはクロスで画面をひたすら拭きます。
あー、この画像でぼくが使ってるのは自分のメガネ拭きです。付属してたクロスはこれの四分の一くらいしかないです。
 
DSCN5437.jpg
 
もうこのへんのritの徹底ぶりには誇れる部分すらあります。
拭くというよりは「拭き上げる」というような感じを意識しておりますw
ホコリがひとつもなくなって、汚れも指紋も見えなくなったら、位置合わせをします。
 
DSCN5439.jpg
 
そうそう、わかってるとは思いますが、保護フィルム自体は青くありませんからね。
表と裏に「保護フィルムの保護フィルム」が貼ってあるのです。表が青くて裏は無色。
そしていよいよ「保護フィルムの保護フィルム」をはがして本体に貼っていくのです。
 
DSCN5441.jpg
 
非常にどうなっているか分かりづらいとは思いますが、「保護フィルムの保護フィルム(裏)」を徐々にはがしつつ、画面の縁に保護フィルムを合わせて、気泡を追い出しながらゆっくりと貼りつけていきます(説明めんどくさ)。
 
DSCN5457.jpg
 
妹に撮ってもらったんですけど、なぜかシャッタースピードが異常に遅くて、超ブレッブレです。
 
DSCN5467.jpg
 
最後までめくりきったら・・・
 
DSCN5470.jpg
 
端っこに残っている気泡を必死で追い出します。 手の動きが見えなくなるくらい必死でやることが大切です。
 
DSCN5472.jpg
 
真ん中らへんに残っている気泡もヘラで抜きます。
残念ながらこのヘラは結構傷がつきますが、この時点ではまだ「保護フィルムの保護フィルム(表)」がついているので問題ありません。
 
DSCN5475.jpg
 
そして「保護フィルムの保護フィルム(表)」をはがします。 
 
DSCN5480.jpg
 
超絶逆光ですが気にしないでください。
 
DSCN5483.jpg
 
完成!じゃーん 
我ながらものすっごくキレイに貼れました。
なにしろ・・・
 
DSCN5486.jpg 
 
気泡ゼロ!
このサイズで気泡ゼロは、自信を持って自画自賛できます。
それとこのフィルム、というよりどの保護フィルムもだいたいそうなんですけど、完全に画面とまったく同じサイズというわけではなくて、やっぱりちょっとずつ(1~2mmくらいですかね)足りないわけですよ。 
もし偏りがあると、カメラ部分に空いてる穴の中心にカメラがこないわけですよね。 
なんとしてもそれは避けたかったので、位置合わせをめっちゃ入念にやったところ・・・
 
DSCN5493.jpg
 
ど真ん中ktkr
画面下のWindowsボタンの方が分かりやすいですかね。
 
DSCN5495.jpg
 
それとも画面の角?
 
DSCN5498.jpg
 
もう角に関しては、どこが保護フィルムなのか一見では分からないレベルですよ。
自慢しすぎと言われようがなんだろうが、このクォリティは自分自身を褒めたいです。
ものすごく舞い上がってるのが文章越しでも伝わってくるかと思いますが、これの貼付けにかかった時間はおよそ3時間です。
超慎重に貼りました。こういう作業大好きです。ましてやソニー製品となれば丁寧さもひとしおですよ。
だからまあ、ぼくの信者度合いからいけば、この完成度は妥当なのかもしれませんね・・・。
 
そうそう、保護フィルムそのものの紹介というかレビューをほぼしてませんでしたねw
アンチグレアっていうのはつや消しですから、文字通りつやが消えます(←まんま)。
仕上がりは、あの、まあ元のやつに比べたら高級感がないのはしょうがないにしても、その、ビニールをかぶせたような感じです。 
でも、指紋がつきにくいっていうのは伊達じゃないです。全っ然つかない。 もうつきにくいとかではなく、つかない。
あと、タッチ操作でのスクロールとか、ピンチイン/アウトとかはすごくなめらかに行えます。
保護フィルム貼ってないときは、指すべりの滑らかさが全然なかったんです。
ツルツルだからこその引っ掛かりというか。
サラサラになったので、非常に快適にタッチ操作が行えていい感じです。
 
いつも思うのですが、なんでこういう保護フィルムってカメラのところに穴が空いてるんでしょうね?
だってどうせ透明なんだから、あってもなくてもいいじゃないですか。
むしろ、穴のとこに段差ができてホコリがたまるし、穴空ける分コストもかかります(微々たるものですが)。
近接センサーがあるとかならわかりますが、少なくともこのパソコン近接センサーついてないのになぁ・・・。
ぜひこの穴やめてほしいです。切に願っております。
 
 
今日は久しぶりの更新ということでなかなか書きましたよ。
次はやっぱりシリーズの続きかな?
でも、リッキーにせっかくいろいろクルマネタとっといてあるのになかなか腰を上げようとしないですねぇ。
そろそろ書こうよ夏休みなんだし! 

nice!(0)  コメント(8)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 8

Matvari

Propecia Online Us Sildenafil Generic Viagra Usa Online Cephalexin 500 Dosage <a href=http://drugsor.com>low cost levitra</a> Cytotec Vente En Ligne Cephalexin Side Effects In Dogs
by Matvari (2019-06-05 14:07) 

Matvari

Nizagara Cheap Viagra Delivered To Po Box <a href=http://cialviag.com>cialis 5 mg best price usa</a> Viagra Bestellen Osterreich Outdated Amoxicillin
by Matvari (2019-06-28 23:13) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。